自然流炭焼き窯 『炭焼き達人』公式サイト



自然流炭焼き窯「炭焼き達人」は、古来の山の炭焼き窯の構造を取り入れながら、合理的にしかもコンパクトに設計した本格的な炭焼き窯です。「いつでも、何処でも誰でも手軽に炭焼き!」が出来る構造にしました。

詳しい取扱説明書がついていますので、どなたでも3回焼けば「炭焼き達人」になる事ができます。

炭焼き達人T105を例にとって、炭焼き手順を説明します。




炭材を用意します

長さを揃えて、太さは5cm角以下にします。
木材、竹材、廃材、剪定枝等を使用します。

炭焼き窯に炭材を詰め込みます

すき間の無いよう、できるだけぎっしりと詰めます。
この写真では、炭材49.2kg詰めました。

上げ木を置きます

上げ木として、燃えやすい細い枝や割り箸等を
屋根裏につかえない程度に置き、屋根をかぶせます。

焚き付けます

焚口の扉を開けて、燃材を入れ、木切れ等で
焚き付けます。

焚付

十分焚き付けてから、焚口の扉を閉めます。
丸窓から燃材を投入しながら、約1時間〜2時間
焚き付けます。

炭化(1)


煙の温度が、85゜C以上になったら、焚き付けを止め、
熾(おき)をかき出して、丸窓を閉めます。
通風口は風等の条件により調整します。


炭化(2)

炭化中です。
炭白褐色煙 煙の温度は約90℃〜100℃です。

炭化(3)

炭化中です。
帯白青色煙 煙の温度は約180℃〜200℃です。

炭化(4)

炭化中です。
淡青色煙 煙の温度は約200℃〜230℃です。
あと、1時間程で炭化完了となります。

炭化完了

通風口を閉め、煙突口はその30分後に密閉
します。

屋根を取り外す

約12時間後。炭の出来上がりです。

炭を取り出す

今回13.2kgの炭が出来上がりました。
製炭率 重量で約26.8%となりました。

 


「炭やきの会」・「木質炭化学会」会員 株式会社 テサキ製作所
〒579-8025 大阪府東大阪市宝町5番27号 Tel:072-986-4533 Fax:072-986-4534 E-mail:info@tesaki.co.jp