自然流炭焼き窯 『炭焼き達人』公式サイト




炭焼きは、木や竹を熱分解という化学反応によって固形分である炭(炭素)と水分とに分離することです。炭焼きという言葉から炭は木や竹を燃やしてできるものと思いがちですが、炭焼きは熱分解(炭化)であり、燃焼(酸化)とは根本的に違います。

木や竹は、炭素(C)50%、水素(H)6%、酸素(O)44%、その他微量元素によって構成されたセルロース、ヘミセルロース、リグニン等から出来ています。その木や竹を酸素の供給を制限した状態で加熱していくと250℃前後で熱分解(炭化)が始まります。炭焼き窯の場合、焚口で木っ端を燃やして炭材を加熱するのはこの熱分解反応を促すためのものです。

セルロース、ヘミセルロース、リグニンはこのこの熱分解反応によって分解され大部分の炭素は炭として窯の中に残り、分解された水分のほか二酸化炭素や一酸化炭素は煙となって排出されます。この水分を冷却して採取したものが木酢液・竹酢液です。


地球温暖化の原因の一つとされるCO2(二酸化炭素)を吸収して、大きく成長した木や竹を「炭」にすれば、炭素を固定することができます。「炭」にすれば燃料に使わない限り「炭」は炭素の固まりとして永久に変化することはありません。「炭焼きは、いつでもどこでも誰でもできる唯一の炭素の固定閉じ込め手段!」なのです。したがって、炭焼きは地球温暖化防止に非常に貢献するものです。

(参考)
炭焼きによる木材と木炭・木酢液

 木材は次の物質により構成されています。

  (1)セルロース
     グルコース(ブドウ糖分子が結合し合った長い鎖状構造の炭水化物(多糖類)である。植物細胞の細胞壁及び繊維の主成分で
     ある。260〜310℃前後で分解する。

  (2)ヘミセルロース
     非セルロース系の鎖状構造の炭水化物(多糖類)で、セルロースより短く、枝分かれが多い。180〜210℃前後で分解する。

  (3)リグニン
     フェノール性の芳香族系化合物の重合体で複雑な網状構造をしている。310〜450℃前後で分解する。
 
 自然状態においては、これらの3物質は結合した状態で存在します。木材は熱分解によって次のように変化していきます。

参考資料 岐阜県林業振興室「炭焼き入門」 ・ 岐阜県立森林文化アカデミー 「木酢液について」



「炭やきの会」・「木質炭化学会」会員 株式会社 テサキ製作所
〒579-8025 大阪府東大阪市宝町5番27号 Tel:072-986-4533 Fax:072-986-4534 E-mail:info@tesaki.co.jp